表現者たけ

2001年10月、突然脳梗塞で倒れ、48時間後に救出されるものの、失語症と言語障害、聴覚障害、右手障害という重い後遺症を残す。
「もう死んだほうがましだ」という深い絶望感の中、残った左手を使って絵と詩を表現し始める。

 

表現者として自活することを決め、退院を待たずに、自作のポストカードを京都のストリート(路上)販売で開始。

その活動がマスコミの注目を集め、新聞やテレビ、雑誌などメディアの取材が相次ぎ、2003年にはフジテレビ「奇跡体験!アンビリーバボー」に出演し、「たけ」の生き方に共鳴する新たなファンを獲得した。

 

現在は全国での個展、無口な講演、企業広告、雑誌の連載など、その活動は「日本一無口な路上の絵売り」(たけさん曰く)の枠を超えて、広がり続けています。

そして今「ありがとう」を広げようという思いで500カ所(小学校、中学校、福祉関係は無料)の無口な講演【ありがとうプロジェクト】に挑戦中です。

本 ¥540(税込)

ポストカード 各¥162(税込)

クリアファイル A4サイズ ¥378(税込) 

しおり 130mm×50mm ¥108(税込)